ずっときれいな肌でいるためのお手入れ

素肌を眺めていると、年齢は隠せないものだと感じます。目の下に出てくるクマや以前より増した目周りのたるみなど、本人だけがひっそりと不安を感じているはずです。加齢で表皮が薄くなると急速に弾力性・保水性がなくなり、日光はシミやシワに形を変えて残るでしょう。比較的皮膚の薄い手の甲や、顔の中では目周り、口元などのしわが気になるという人は多いです。お風呂上がりはのんびりスキンケア。そんな人は多いのではないでしょうか。たしかに洗顔し立ての肌や入浴後のマシュマロみたいで、すごく潤っているのがわかりますよね。ただ、本人が思っているより急速に乾燥スピードが上がっているんです。潤った感触は、毛穴が開いて水を「どんどん飲み込む」ような状態ですが、同時に「どんどん乾燥する」わけです。毎日繰り返してダメージを蓄積していると、しわや乾燥の影響が遅かれ早かれ出てくることでしょう。ただ、この時間帯さえ上手にコントロールすれば、いっつものスキンケア効果がうんと高まります。お風呂上りはタオルでふいたらただちに化粧水(保湿効果のあるもの)やライトな乳液などで水分をしっかり与えてあげましょう。どんどん吸い込んでいくはずです。R30って20代前半と比べると若くないし、多忙だしで、なんだか損ですよね。あるとき鏡を見てがっかりしてしまいました。法令線が出る年齢ではないはずなんですけど、シワかな、とにかくクッキリで、いつのまにこんな顔になったー?!と思いました。

それからは考え方を改めました。疲れを翌日にもち越すのはしかたないけど、ずっともち越していたら老けてしまうんです。いままで省いていたのは心と肌のハリを取り戻すための時間。きちんとメンテしてあげて、十年後に後悔しない、ずっときれいな肌でいるためのお手入れをかかさないようにしようと思うようになりました。美容の技術は大変進歩しており、今や肌のシミすらも消してしまえる時代が来たのです。
シミを消す方法についてはシミ改善グッズを使用してお肌にできてしまったシミの色素への効果を試してみるのと、美容外科でシミ除去のための施術を受けるという選択の二種類があります。金銭的、それに、時間的な負担を考えて、自分に合った選択でシミの改善を目さしてちょうだい。梅雨ってカビが増えやすい時節ですよね。高温多湿な時節は、私達の肌に日頃から存在している菌も当然、増えてしまいます。マラセチア菌(真菌)が持ととなるいわゆる「でん風」という皮膚病があるのですが、体のイロイロなところに発症します。茶色いシミのように発症するでん風もありますが、そこだけ色が抜けたように真っ白になってしまう場合もあります。ただのシミと思わずに、よく観察してみましょう。少しでも気になることがあるようなら、是非一度、皮膚科へ行ってみましょう。肌に皺ができる原因のひとつとして乾燥は、結構手強い存在です。表面の乾燥がつづくと皮膚の深い部分の潤いが保持できなくなり、しわができてきたり、出来たシワが定着しやすくなります。目の周りは代謝が低くて皮膚も薄いため外部からの刺激に弱く、もっとも早く皺ができる場所と言われています。肌のハリを生み出すコラーゲンとかヒアルロン酸の減少も加齢により加速するので、フェイスラインのくずれなども増えやすいので、早めに対策したほうがよいでしょう。

ロスミンリペアクリーム

サブコンテンツ

このページの先頭へ