育毛剤は目的に応じて使いわけることが重要です。

育毛というのは、結局のところ、今現在ある髪をちゃんと育てることだといえるでしょう。ですので、育毛剤には頭皮の状況を改善したり、髪の毛が育つのに必要な成分を届けたり、フケ、かゆみを抑えたりといった抜け毛を防止したり、健康な髪を育てる効果があるのです。その一方で、発毛というのは色々なことによって薄くなったところの髪を元の状態に戻すことを目標としているのです。

ですから、発毛剤には弱くなった毛母細胞を活性化させ、休眠期にある毛根から再び髪の毛を発生させるための成分が配合されています。

発毛と育毛では類似しているようでも髪や頭皮への効果がちがいますから、目的に応じて使いわけることが重要です。夜寝るときに何の気なしに使っている枕。
それが育毛や抜け毛対策を考えている人には大事なものです。
寝ている間、合わない枕で過ごしていると、首回りの筋肉がこってしまい、頭に回る血液が十分ではなくなり、栄養や酸素が頭皮に送られなくなります。脳に血液が送られないと熟睡感も得られず、身体の調子も悪くなってきます。
それに、ストレスもたまってくることから、抜け毛を増やすことにもなってくるでしょう。
良い頭皮と毛髪を育てるために、自分に合った枕を使っていきましょう。シャンプーの際などに抜ける毛が増えたら、心配になりますよね。抜け毛が増えてしまった原因は多数考えられるワケですが、日常的に使用しているシャンプーに問題がある可能性もあります。この頃では、頭皮、髪により良いと、ノンシリコンシャンプーが流行っていますが、シリコンが入っているかどうかより、配合されている洗浄成分の種類の方がもっと重要だと言えます。

ノンシリコンシャンプーでも強めの洗浄成分が入っていることはありますし、ノンシリコンシャンプーなら何でもいいワケではないのです。

人工の毛ではなく、自分の毛髪を蘇らせる自毛植毛は魔法の施術方法でしょう。
ずっと使いつづける必要がある育毛剤とは、比較対象にならないほどの堅実性があります。

手術をうけた方の成功確率は95%以上と高くなっているのです。
実にすごい手術なのです。

安全な良い施術法なのですが、感染症に見舞われる危惧もあるのです。
育毛剤を6ヶ月~1年ほど使ってみて、あまり効果が感じられない場合は異なるものを使ってみた方が良いですね。

とはいえ、1、2ヶ月で生えてきたという実感がわかないからといって使用を中断するのは、あまりにも急ぎすぎます。
副作用を感じないのなら、半年程度は使用するようにしましょう。

AGA 専門病院 大阪

サブコンテンツ

このページの先頭へ